インドネシアで仕事してる友達から世界一希少なコーヒーで有名なLUWAK COFFEEをお土産に頂きました。

 

Luwak coffeeとは、完熟したコーヒーの実を食べた野生のジャコウネコの糞から採取される、未消化のコーヒー豆から作られたコーヒーです。

 

インドネシアでは当時、コーヒー豆は高価な輸出用で、現地の人はコーヒーを飲むことを禁じられていたそうです。そこで、野生のジャコウネコの糞に残った未消化のコーヒー豆を発見し、拾い集めて飲むようになったのが始まりだそうです。

 

飲むことを禁止されていた人たちが、どうしても飲みたくて苦肉の策で糞からコーヒーを作ったのに、今や一杯2000円以上するとは・・・・・・・最初に売れるって思った人の商売魂がすごいですね。

 

本当だったらゴミ以下だったコーヒー豆に価値を付けただけではなく、高級品にしちゃうなんて・・・その人の自伝を読みながらLuwak coffee飲みたいです。

 

そして、クライマーにはコーヒー愛好家が多い気がします。

外の岩でも、休憩の時間にお湯を沸かしてコーヒー作ってる人いますよね。

クライミングしながらコーヒー飲むのは最高だと店長も感じています。